企業・法人様のご協力

○平成29年度 活動資金協力法人(五十音順)

                    ※掲載同意をいただいた企業・法人様のみ掲載しております。

 

5万円以上

 ・医療法人 奎英会 むかいクリニック
 ・医療法人 鶴丸会 鶴丸歯科医院
 ・医療法人 南溟会 宮上病院
 ・医療法人 三州会 大勝病院
 ・FVジャパン株式会社
 ・鹿児島空港ビルディング 株式会社
 ・鹿児島トヨタ自動車 株式会社
 ・株式会社 南日本情報処理センター
 ・株式会社 和香園
 ・錦江園 親和会
 ・大福コンサルタント株式会社
 ・山下医科器械 株式会社
 ・有限会社 岩掃
 ・有限会社 国分日通プロパン
 ・有限会社 緑調剤薬局

 

 

10万円以上

 ・鹿児島県税友会研修部
 ・鹿児島信用金庫
 ・鹿児島相互信用金庫
 ・株式会社 アリマコーポレーション
 ・株式会社 鹿児島銀行
 ・株式会社 倉岡建設
 ・株式会社 肥後産業
 ・株式会社 山形屋
 ・上川路会計事務所
 ・公益社団法人 いちょうの樹 
 ・コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社
 ・三洋ハウス 株式会社
 ・JAグループ鹿児島(中央会・信連・経済連・厚生連・共済連)
 ・社会福祉法人 鹿児島市社会福祉協議会 役職員一同
 ・社会福祉法人 鹿児島市社会事業協会 役職員一同
 ・白玉醸造 株式会社
 ・谷口昌孝税理士事務所
 ・南生建設株式会社
 ・有限会社 岩川興業
 ・立正佼成会 鹿児島教会

 

 

○社会貢献活動(CSR)のご提案

「東京オリンピック&第75回国民体育大会に向けて安全・安心のインフラづくり始めませんか」

s 0 VcContents B-0 VcContentsImage B001

2020年の東京オリンピック開催が決定しました。また,鹿児島県では同年,国民体育大会も開催されます。

当然、多くの観光客が日本を訪れることが見込まれます。

そこで赤十字から新提案。2020年に向けて、観光客が安心して旅行できる安全・安心なインフラづくりを赤十字といっしょに目指してみませんか。

日本赤十字社では、けがや病気に対する正しい手当の知識と技術を「赤十字救急法」を通じて市民の皆様にお伝えしています。

今回は、「赤十字救急法」の中でも特に重要な手当といわれる「突然人が倒れた時の救命手当」にスポットをあて、「心肺蘇生」や「AED」の方法を赤十字といっしょに多くの市民に伝えるCSR活動をご用意しました。

 

参加方法は簡単。赤十字が平成24年に公開し、年間7万人に見られている「救命手当の動画(15分)」をみなさまの企業・団体のホームページで下記のようなバナー(リンク)を貼ってご紹介するだけです。みなさまの企業・団体のホームページを訪れる多くのファンの方々を通じて「心肺蘇生」や「AED」の方法を学んでいただき、「いざという時に活躍いただける市民を増やしていこう!」という簡単なシステムです。

◆リンク申請書はこちらから入手ください。

sosei2015 csr

 現在、日本国内には40万台を超えるAEDが設置されているといわれています。みなさまの企業・団体にもAEDを設置されているところがあると思いますが、みなさまの中にはその使用方法について不安に思っている方がいらっしゃるのではないでしょうか?

みなさまの企業・団体の関係者にもこの動画を見ていただくことで、いざという時に役立てられる仕上がりとなっていますので、ぜひぜひご活用ください。特に集客施設やスポーツ団体、イベント団体にお勧めです。

s 2 VcContents B-0 VcContentsImage B001

また、このCSR活動に賛同し「救命手当の動画」を広く普及する活動を行う企業・団体は、赤十字活動を支援していることを表す「赤十字支援マーク」を活用することができます。

(ただし、企業・団体のホームページ上又は広報資材に限ります。)

 

提供物 バナー、リンク(YouTube)

https://www.youtube.com/watch?v=J6FVMA45MQA

動画データそのものの提供はできませんのでご承知おきください。

※個人のお申し込みは受け付けておりません。

※お申し込み、お問い合わせ、その他日本赤十字社との共同事業に関するご要望・ご相談等がございましたら、日本赤十字社鹿児島県支部 事業推進課(代099-252-0600)まで。

※協力企業・団体様には、別途赤十字のご案内をさせていただく場合がございます。

日本赤十字社
ボランティア宅本便
海と日本プロジェクト
日本赤十字九州国際看護大学