令和3年2月4日、鹿児島市立瀬々串小学校の5年生より、令和2年7月豪雨災害(熊本県)の義援金を寄託いただきました。

 瀬々串小学校は平成元年から地域の瀬々串郵便局のご協力のもと、自分たちで育てたサツマイモを販売し、その益金を寄付する活動をしており、今回でなんと31回目になるとのこと。

 今回も昨年5月よりサツマイモを育て、10月に収穫し、自分たちで芋を箱詰めし、芋を使った料理のレシピや手紙を添えて、ボランティアゆうパックで関東や関西、遠くは北海道へ送りました。

 昨年7月の豪雨災害で特に被害の大きかった熊本県の被災者の方々に、義援金とその思いを今回寄託いただきました。

 お預かりしました義援金の全額を、日本赤十字社熊本県支部から義援金配分委員会へ確実にお送りし、被災者の方々にお届けいたします。

dsc00250

5年生の代表から義援金を寄託

日本赤十字社
海と日本プロジェクト
日本赤十字九州国際看護大学
kimotito970x250