2019年3月15日、アフリカ南部モザンビークに上陸したサイクロンにより、417名(同23日時点UNOCHA調べ)が死亡し、最終的な死者数は1,000名以上になると見込まれています。

 被災地域の家屋・建物への損害は甚大で、40万人が避難生活を送っており、被災者数は60万人に上ると予想されています。

 各国赤十字社と国際赤十字・赤新月社連盟が実施する救援活動を支援するため、日本赤十字社は下記のとおり救援金(救援金名称「2019年モザンビークサイクロン救援金」)を受け付けます。皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

 

受付期間:平成31年3月25日(月)から平成31年6月30日(日)

 

ご協力方法はこちらをご覧ください。

日本赤十字社
ボランティア宅本便
海と日本プロジェクト
日本赤十字九州国際看護大学