日本赤十字社へ多額の寄付をした個人や団体に対し、国から授与される紺綬褒章を、伊佐市に居住される平城エミ様が受章されました。

 

 8月3日(金)、平城様が入所される介護老人福祉施設ことぶき園(社会福祉法人 隼仁会)において伝達式があり、日本赤十字社鹿児島県支部伊佐市地区長である隈元市長から褒章を受け取られました。

 

 平城様は、日本赤十字社看護婦養成所(後の山口赤十字看護専門学校)を卒業後、戦時末期の混乱を極める中、日赤救護班要員として傷病兵の救護にあたられた経験をお持ちであり、その後も県立病院等の婦長等を経験され、看護師のリーダー的存在として活躍されました。

 

 今回、卒寿を迎えられたことを機会に、これからの赤十字と赤十字看護師への期待や自身が赤十字看護師として教育を受けたことの赤十字への恩返しとの想いにより、多額の寄付を寄せられました。

 

h30 konjuhosyo 1  h30 konjuhosyo 2

 

h30 konjuhosyo 3  h30 konjuhosyo 4

日本赤十字社
ボランティア宅本便
海と日本プロジェクト
日本赤十字九州国際看護大学