平成30年7月18日(水)、日本赤十字社鹿児島県支部において、株式会社アリマコーポレーション様から平成30年7月豪雨災害義援金として100万円をお預かりいたしました。

 代表取締役社長である有馬正治様は「水道管工事に関わる事業者として、日本赤十字社を通じて義援金を寄付し復興のための力になりたい」との思いを語っておられました。

 同社は、これまでも日本赤十字社に対し多大なご支援(会費)をいただいている法人であり、昨年5月に明治神宮会館で行われた全国赤十字大会において、日本赤十字社名誉総裁皇后陛下より金色有功章を受章されております。

 日本赤十字社は、「平成30年7月豪雨災害義援金」を12月31日(月)まで受け付けております。お預かりする義援金は、全額を被災地にお届けいたします。皆様の温かいご支援をよろしくお願いいたします。

 

20180718 gienkin zotei

(写真左)有馬社長 (写真右)当県支部松田事務局長

日本赤十字社
ボランティア宅本便
海と日本プロジェクト
日本赤十字九州国際看護大学