平成30年1月14日(日)、県支部赤十字教室にて、鹿児島市西陵校区の皆様を対象とした赤十字防災セミナーを開催しました。

 この赤十字防災セミナーは、防災・減災に関する知識・意識・技術の普及向上や、災害発生時にリーダーとなれる方の育成を目的に開催しており、セミナー終了後、赤十字の救援物資等を備蓄している救護倉庫の見学会も実施しました。

 今回のセミナーでは、地図を用いて、自らが住んでいる地域の防災上の資源や危険場所、要配慮者の所在地等を把握し、日頃から災害に備える意識の向上を図ることを目的とした「災害図上訓練(DIG)」を実施しました。

 受講者からは「自分の住んでいる地域の環境や資源を再確認することができた」「初めて地図を防災・減災の目線で見たので、貴重な体験だった」「今日気づいた地域の特性を今後の暮らしに繋げていきたい」又、倉庫見学後「毎年、赤十字に寄付しているがこのような物資に使われていることがよく理解できた」など感想をいただきました。

 赤十字防災セミナー及び救援物資備蓄倉庫の見学についてのお問い合わせは、日本赤十字社鹿児島県支部事業推進課 099-256-2099(直通)までお願いします。

 

180114bousai semina 1

グループワークで地図上に目印をつける作業

 

180114bousai semina 2

地域特性を踏まえた防災対策をグループごとに発表

 

 

 

防災セミナーと併せた赤十字の救援物資備蓄倉庫の見学も受け付けております。

soko 1

救援物資備蓄倉庫の様子

 

※被災者の方々にお届けする救援物資は、すべて県民の皆様からいただくご寄付により整備されております。

日本赤十字社
ヘルプマンの大冒険
海と日本プロジェクト
日本赤十字九州国際看護大学