活動資金(社資)

あなたのやさしさを赤十字に ! !

日本赤十字社の活動は、「会員(社員)」としてご加入いただいたみなさまからお寄せいただく「会費(社費)」と、広く一般の国民のみなさまからお寄せいただく「寄付金」によって支えられています。

赤十字会員とは・・・

日本赤十字社の事業を理解され、毎年一定額以上(年額500円以上)拠出いただく方です。

なお、年2,000円以上のご協力の方はご希望により、日本赤十字社の運営参画の支援者として登録させていただき、併せて赤十字活動の機関紙「赤十字NEWS」などを送付します。

 

お振込みいただく場合

ご持参いただく場合

口座引き落としの場合

クレジットカードの場合(日本赤十字社のホームページからご協力いただけます)

遺贈や相続財産のご寄付

 

 

 

 

税制上優遇制度

納入者
区分
措置の名称等措置の内容等
個人 特定寄付金 寄付金の全額(ただし、上限は寄付者の年間所得総額の40%)から、2千円を引いた額が、年間所得総額から控除される。
住民税にかかる寄付金控除 総務大臣が毎年告示する日赤の支部指定事業に対してなされる寄付金の全額(ただし、上限は寄付者の年間所得額の30%)から2,000円を差引いた額の10%が、年間所得総額から控除される。
相続税の非課税 寄付した相続財産の価格は、相続人の納めるべき相続税の課税価格に算入されない。
法人 指定寄付金 指定された日赤事業に対してなされる寄付金の全額が、寄付金損金算入限度額にかかわらず損金の額に算入される。
損金算入限度額特例扱寄付金

寄付金の全額が、法人の通常有する寄付金の損金算入限度額とあわせて、別枠で算出した特定公益増進法人に対する寄付金の損金算入限度額が損金に算入されます。

 

※特定公益増進法人に対する寄付金の損金算入
通常の寄付金の損金算入限度額(イ)とあわせて別枠で算出した限度額(ロ)が損金に算入されます。

 

(イ)通常の寄付金の損金算入限度額

(資本金額等×当期月数/12×2.5/1000+所得金額×2.5/100)×1/4

 

(ロ)特定公益増進法人に対する寄付金の損金算入限度額

(資本限度金等×当期月数/12×3.75/1000+所得の金額×6.25/100)×1/2

 

表彰制度

区分活動資金(社資)額表彰等
個人 特別社員 一時に2万円以上、または
累計額2万円以上に達した時
特別社員章・門標
有功章 銀色 一時に20万円以上、または
累計額が20万円以上に達した時
有功章(楯式)
金色 一時に50万円以上、または
累計額が50万円以上に達した時
有功章(勲章)
章記
法人 有功章 銀色 一時に20万円以上、または
累計額が20万円以上に達した時
有功章(楯式)
金色 一時に50万円以上、または
累計額が50万円以上に達した時
有功章(楯式)

 

 厚生労働大臣感謝状

個人で100万円以上、法人で300万円以上一時または分割(同年度)して納められた方に贈られます。

紺綬褒章

個人で500万円以上、法人で1,000万円以上一時または分割(3年以内)して納められた方に贈られます。

 

個人情報の取扱いについて