2021/02/25 お知らせ

【受付開始】令和3年2月福島県沖地震災害義援金の受付について

令和3年2月13日に福島県沖で発生した最大深度6強の地震により、福島県に甚大な被害が発生しました。 この災害で被災された方々を支援するため、日本赤十字社は下記のとおり義援金(義援金名称:「令和3年2月福島県沖地震災害義援金」)を受け付けます。皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたいます。 1義援金名称「令和3年2月福島県沖地震災害義援金」 2受付期間 令和3年2月24日(水)~令和3年5月31日(月) 3義援金受付口座等 【銀行振込口座】 銀 行 名:鹿児島銀行鴨池支店口座番号:普通預金 664155名 義:日本赤十字社鹿児島県支部・振込手数料:免除(鹿児島銀行窓口での取扱いに限る)・振込み通知書に「令和3年2月福島県沖地震災害義援金」と明記をお願いいたします。・受領証を希望される方は、併せて「受領証・要」と明記をお願いいたします。 ※インターネットバンキングでの義援金振り込みをご希望の方へ 日本赤十字社鹿児島県支部の義援金共通口座(鹿児島銀行 鴨池支店 普通 664155)にインターネットバンキングからお振り込みをされた方については、どちらの義援金として振り込んだかをお電話等で確認させていただくことがございます。 インターネットバンキングでのお振り込みをご希望の場合は、日本赤十字社(本社)ホームページに掲載している各災害義援金専用口座をご利用ください。 【郵便振替口座】 口座番号:00110-8-588189加入者名:日赤令和2年7月豪雨災害義援金・振込手数料:免除(ゆうちょ銀行・郵便窓口での取扱いに限る)・通信欄に「日赤令和3年2月福島県沖地震災害義援金」と明記をお願いいたします。・受領証を希望される方は、併せて「受領証・要」と明記をお願いいたします。 お問い合わせ先 日本赤十字社パートナーシップ推進部TEL03-3437-7081 4義援金設置場所 (1)鹿児島県庁行政庁舎1Fエントランスホール (2)日本赤十字社鹿児島県支部施設 ※各地区分区の赤十字の窓口でもお受けしております。 5その他 本義援金については、被災地県に設置される災害義援金配分委員会を通じて被災者へ配分されます。 その他の振込先・協力方法・義援金送金状況についてはこちらをご覧ください。 ・活動資金と義援金の違いについて ・義援金が被災された方に届くまで ・個人情報の取り扱いについて

more

 
2021/02/24 講習会情報

救急法等の認定証の有効期間における特例措置について

日本赤十字社鹿児島県支部が開催する赤十字救急法等講習については、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から一部中止しており、皆様には大変ご不便をおかけしております。 この度、下記資格に対する有効期間の特例措置を設けることとなりましたので、お知らせいたします。 1.対象となる資格 (1)赤十字救急法基礎講習修了者(ベーシックライフサポーター) (2)赤十字救急法救急員(ファーストエイドプロバイダー) (3)赤十字水上安全法救助員Ⅰ (4)赤十字水上安全法救助員Ⅱ (5)赤十字幼児安全法支援員 (6)赤十字健康生活支援講習支援員 2.特例措置の内容 令和3年4月1日から令和4年3月31日の間に資格の有効期間の満了を迎える上記資格については、一律、令和5年3月31日までその資格が有効であるとみなします。 3.特例措置にかかる留意事項 (1)特例措置による資格の有効期間の満了を猶予する認定証の再交付は行いませんので、ご了承願います。 (2)鹿児島県支部では、救急法基礎講習は再開しておりますが、新型コロナウイルス感染症に関わる諸事情によりご受講できない場合も特例措置の対象となります。 4.その他 (1)受講が可能となった際は、当該講習をお早めにご受講いただきますようお願い申し上げます。 (2)赤十字救急法等の知識や技術の維持のため、赤十字電子講習室「WEBCROSS」や「動画で見る一次救命処置」などの動画を視聴いただきますよう併せてお願いいたします。 〇赤十字電子講習室「WEBCROSS」はこちら 〇「動画で見る一次救命処置」はこちら

more

 
2021/02/12 講習会情報

「救急法基礎講習の開催」及び「救急員養成講習の中止」について

当県支部では、新型コロナウイルスの感染対策を施した上で、救急法基礎講習を実施しております。詳しくは、こちらをご覧ください。 救急法基礎講習では、傷病者の観察の仕方や一次救命処置(心肺蘇生、AEDの使い方、気道異物除去等)を学ぶことができます。写真は、前回の様子です。 (受講者同士の距離を保って実技を実施)(マスクの着用・換気等の実施) 次回は、3月6日(土)9時~16時赤十字会館にて開催いたしますので、皆様の参加を心よりお待ちしております。お問い合わせ・お申し込みは、こちらまでお願いいたします。 なお、下記の講習は、人と人が接触する実技が多く含まれていることから、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止といたしました。 受講を希望されていた皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。 《中止する講習》 〇令和3年3月7日・13日・14日:救急法救急員養成講習(赤十字会館)

more

 
2021/02/09 お知らせ

青少年100文字作文コンクール

鹿児島県青少年赤十字指導者協議会が、赤十字の精神である「人道・博愛」の普及を図るため、「青少年赤十字100文字作文コンクール」を行いました。 青少年赤十字加盟校の小学校・中学校・髙等学校の児童・生徒に「100文字作文」を募集し、84校7,917点の応募がありました。ご応募いただきありがとうございました。選考の結果、入選者と入選作品は下記のとおりです。 〇支部長賞 『せかいのへいわ』(三島村立三島硫黄島学園2年福迫 樹莉亜 さん) 『ぼくのまわりの赤十字』(南大隅町立神山小学校4年重久 湊仁 さん) 『献血がつなぐ命』(出水市立鶴荘学園5年髙瀬 優香 さん) 『ボランティア活動をして』(出水市立出水中学校2年中渡瀬 仁江 さん) 『私の一言で』(鹿児島情報高等学校1年谷口桃子 さん) 〇青少年赤十字指導者協議会長賞 青少年赤十字指導者協議会長賞受賞作品はこちらからご覧ください。 〇金賞 金賞受賞作品はこちらからご覧ください。 令和2年度100文字作文受賞者一覧はこちらからご覧ください。

more

 
2021/02/05 お知らせ

鹿児島市立瀬々串小学校より義援金を寄託頂きました

令和3年2月4日、鹿児島市立瀬々串小学校の5年生より、令和2年7月豪雨災害(熊本県)の義援金を寄託いただきました。 瀬々串小学校は平成元年から地域の瀬々串郵便局のご協力のもと、自分たちで育てたサツマイモを販売し、その益金を寄付する活動をしており、今回でなんと31回目になるとのこと。 今回も昨年5月よりサツマイモを育て、10月に収穫し、自分たちで芋を箱詰めし、芋を使った料理のレシピや手紙を添えて、ボランティアゆうパックで関東や関西、遠くは北海道へ送りました。 昨年7月の豪雨災害で特に被害の大きかった熊本県の被災者の方々に、義援金とその思いを今回寄託いただきました。 お預かりしました義援金の全額を、日本赤十字社熊本県支部から義援金配分委員会へ確実にお送りし、被災者の方々にお届けいたします。 5年生の代表から義援金を寄託

more

 
2021/02/04 お知らせ

令和2年度赤十字社資功労者表彰

赤十字の活動資金として多額のご協力をいただいた下記の個人また法人(団体)に対しまして、感謝の意を込めて顕彰させていただきました。 ・日本赤十字社銀色有功章個人7名法人29社 ・日本赤十字社金色有功章個人1名法人11社 ・日本赤十字社感謝状個人3名法人 5社 心からお祝いを申し上げますとともに、日頃のご支援に深く感謝申し上げます。 日本赤十字社鹿児島県支部はこれからも、災害救護活動、地域医療事業など、赤十字の人道的事業を積極的に推進し、赤十字に求められる責任と役割を果たしてまいります。 引き続き、ご支援、ご協力をお願いいたします。 ・表彰制度の詳細につきましてはこちらをご覧ください。 ※撮影時のみマスクを外しております。

more

 
2020/10/13 活動情報

救急法基礎講習を受講しませんか?~ウィズコロナ時代における救急法等講習~

日本赤十字社鹿児島県支部では、新型コロナウイルス感染症の感染防止対策として、人工呼吸や人と人が接触する実技など一部の内容について暫定措置を設けて、10月から赤十字救急法基礎講習を再開することといたしました。 また、暫定措置を設ける内容についても受講される方々にできるだけ理解していただけるよう動画などを積極的に活用することとしており、その講習展開や感染防止策を講じた実技について、参加予定の指導員間で打合せと手順確認を行いました。 (↓)これまで人と人が接していた実技部分を、ソーシャルディスタンスを確保しながら実施している様子 (体位変換) (AEDの使用) 当県支部では、救急法基礎講習の再開に合わせて、短時間で救急法等に触れていただく短期講習の一部実技も再開いたします。研修等で同内容をご検討されていましたら、事業推進課までお問い合わせください。 これからも、安心・安全にご参加いただけるよう十分に感染防止対策をとって講習を実施いたしますので、皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。 詳しくはこちらをご確認ください。→赤十字救急法基礎講習の再開及び短期講習の一部内容変更について

more

 
2020/09/30 活動情報

「ワールド・ファーストエイド・デー2020」を開催しました

令和2年9月26日(土)、オプシアミスミにおいて「ワールド・ファーストエイド・デー2020~もしものときは!? コロナ禍における一次救命処置~」を開催しました。 日本赤十字社では、救急の日及び救急医療週間、世界救急の日にあわせ、9月に救急法等の普及啓発イベントを行っており、鹿児島県では平成21年度から毎年開催しています。 今年度は、今年5月に厚生労働省から示された「新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえた市民による救急蘇生法(指針)※」の内容について、パネル展示とクイズラリーを実施し、多くの方々に関心をもっていただきました。 また、人形を用いた胸骨圧迫の体験コーナーでは、アプリ等を活用して、胸骨圧迫の速さや深さ等の正確さをスクリーンに映し出し、楽しみながら学んでいただきました。 イベントには、205人の方々の参加があり、「コロナ禍における一次救命処置を初めて知った。」「感染予防の注意点を学べてよかった。」「胸骨圧迫が正確にできているかを目で見ながら体験できたことが良かった。」などのご感想をいただきました。 ※「コロナ禍における一次救命処置」については、こちらをご覧ください。 コロナ禍における一次救命処置のパネル展・クイズラリー 心肺蘇生の体験コーナー(胸骨圧迫の深さ・速さ等をモニターで確認している様子)

more

 
2020/08/31 活動情報

「ICT(情報通信技術)を活用した救急法講習会」

新型コロナウイルスの感染に気をつけながら命を救うにはどうしたらよいか、「コロナ禍における一次救命処置※」について学ぶ講習会を鹿児島情報高校で開催し、全校生徒1,450人が受講しました。 鹿児島情報高校は青少年赤十字の加盟校として、日頃から積極的に赤十字の各種事業にもご参加いただいている学校ですが、今回は学校のICTの環境を活用して全生徒・教員の皆さんに学んでいただく機会を設けることができました。 講習は、密集密接を避けるために、各クラスの代表者10名余りがメイン会場に集まり、他の生徒たちは教室からオンライン中継で学びました。 メイン会場の生徒たちは人形を用いて胸骨圧迫の実技練習を行い、中継がつながっている各教室でもモニターに合わせて一部の生徒たちも胸骨圧迫の体験をしました。 中継で受講した生徒からは、「分からないところも繰り返し言ってくれたので勉強になった。」「感染から自分自身を守る方法を知れて安心した。」との声が聞かれました。 ≪メイン会場(マルチメディアホール)の様子≫ ≪各教室の様子≫ ※「コロナ禍における一次救命処置」については、こちらをご覧ください。 http://www.jrc.or.jp/information/200529_006215.html

more

 
2020/08/07 活動情報

衛生資材の不足に備えて~青少年赤十字賛助奉仕団がフェイスシールドを作成~

コロナ禍での災害救護活動やボランティア活動に備えて、鹿児島県青少年赤十字賛助奉仕団の8名がフェイスシールドの作成を行いました。 作成には透明ファイルやすき間テープ等、100円ショップなどで手軽に手に入れる材料を使って作業を行いました。 当日は新型コロナウイルス感染症に配慮し、短時間での作業となりましたが、43個仕上がりました。

more

 
2020/07/16 活動情報

衛生資材の不足に備えて -県赤十字安全奉仕団が活動-

「鹿児島県赤十字安全奉仕団」は令和2年7月15日(水)に、コロナ禍における救護活動やボランティア活動の際の衛生資材枯渇に備えてポリ袋を使った簡易防護服作製支援を実施しました。 この防護服の作製には、ポリ袋2枚を使用し、45Lポリ袋でMサイズ、70Lポリ袋でLサイズの防護服が完成します。 当日参加した11名の団員は、作り方を確認した後、各自スムーズに作業し、Lサイズ、Mサイズ合わせて、34着が完成しました。 普段は、主に救急法等の講習事業に携わっている安全奉仕団ですが、災害時においては、これまでも災害救援物資の輸送や支部災害対策本部の支援等にご協力いただいてます。

more

 
2020/07/13 活動情報

令和2年7月豪雨災害に伴う活動報告②

令和2年7月3日(金)より降り続いた雨は、鹿児島県をはじめ、九州各地で大きな被害をもたらし、今後も継続的に大雨に見舞われる危険性があるといわれています。そして降り始めから1週間経過した現在も、被害状況の詳細が把握できていない地域もあります。 このような状況の中、日本赤十字社鹿児島県支部では、7月12日(日)に日本赤十字社熊本県支部災害対策本部へ支援員を派遣しました。 長期間に及んでいる災害対応で疲弊した熊本県支部の職員をサポートし、被災者の方々の苦痛を少しでも和らげることができるよう、懸命に活動して参ります。

more

 
2021/02/24 講習会情報

救急法等の認定証の有効期間における特例措置について

日本赤十字社鹿児島県支部が開催する赤十字救急法等講習については、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から一部中止しており、皆様には大変ご不便をおかけしております。 この度、下記資格に対する有効期間の特例措置を設けることとなりましたので、お知らせいたします。 1.対象となる資格 (1)赤十字救急法基礎講習修了者(ベーシックライフサポーター) (2)赤十字救急法救急員(ファーストエイドプロバイダー) (3)赤十字水上安全法救助員Ⅰ (4)赤十字水上安全法救助員Ⅱ (5)赤十字幼児安全法支援員 (6)赤十字健康生活支援講習支援員 2.特例措置の内容 令和3年4月1日から令和4年3月31日の間に資格の有効期間の満了を迎える上記資格については、一律、令和5年3月31日までその資格が有効であるとみなします。 3.特例措置にかかる留意事項 (1)特例措置による資格の有効期間の満了を猶予する認定証の再交付は行いませんので、ご了承願います。 (2)鹿児島県支部では、救急法基礎講習は再開しておりますが、新型コロナウイルス感染症に関わる諸事情によりご受講できない場合も特例措置の対象となります。 4.その他 (1)受講が可能となった際は、当該講習をお早めにご受講いただきますようお願い申し上げます。 (2)赤十字救急法等の知識や技術の維持のため、赤十字電子講習室「WEBCROSS」や「動画で見る一次救命処置」などの動画を視聴いただきますよう併せてお願いいたします。 〇赤十字電子講習室「WEBCROSS」はこちら 〇「動画で見る一次救命処置」はこちら

more

 
2021/02/12 講習会情報

「救急法基礎講習の開催」及び「救急員養成講習の中止」について

当県支部では、新型コロナウイルスの感染対策を施した上で、救急法基礎講習を実施しております。詳しくは、こちらをご覧ください。 救急法基礎講習では、傷病者の観察の仕方や一次救命処置(心肺蘇生、AEDの使い方、気道異物除去等)を学ぶことができます。写真は、前回の様子です。 (受講者同士の距離を保って実技を実施)(マスクの着用・換気等の実施) 次回は、3月6日(土)9時~16時赤十字会館にて開催いたしますので、皆様の参加を心よりお待ちしております。お問い合わせ・お申し込みは、こちらまでお願いいたします。 なお、下記の講習は、人と人が接触する実技が多く含まれていることから、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止といたしました。 受講を希望されていた皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。 《中止する講習》 〇令和3年3月7日・13日・14日:救急法救急員養成講習(赤十字会館)

more

 
2020/09/29 講習会情報

赤十字救急法基礎講習の再開及び短期講習の一部内容変更について

日本赤十字社鹿児島県支部では、令和2年6月から新型コロナウイルス感染症の感染予防対策を施した上で、救急法等講習を再開しておりますが、令和2年10月から実施内容を変更いたします。詳細は下記資料をご確認ください。 なお、講習会を依頼される担当者様にあたっては、「赤十字講習会における感染リスク対策・健康チェック表について」を必ず確認の上、申請いただきますようお願いいたします。 また、講習を心待ちにしてくださっている皆さまには、大変心苦しい限りですか、今後の新型コロナウイルス感染症の状況次第では、再び延期または中止とさせていただくことがありますのでご了承ください。 赤十字講習会は安全第一を基本にしてまいりますので、ご理解・ご協力をお願いいたします。 資料① 赤十字救急法基礎講習の再開及び短期講習の一部内容変更 資料② 赤十字講習会における感染リスク対策・健康チェック表について

more

 
2020/07/07 講習会情報

【重要】6月以降の赤十字講習会(救急法等の講習)について

日本赤十字社鹿児島県支部では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、5月末までの赤十字講習会の開催を控えてきたところですが、緊急事態宣言が解除されたことから、6月から各種短期講習について、別紙「赤十字講習会における感染リスク対策」を施した上で、再開することとしました。 なお、資格を付与する講習につきましては、実技などの接触の機会が多くあることから引き続き延期または中止とさせていただきます。 講習会を依頼される担当者様にあたっては、別紙「赤十字講習会における感染リスク対策」を必ず確認の上、申請いただきますようお願いいたします。 また、講習を心待ちにしてくださっている皆さまには、大変心苦しい限りですが、今後の新型コロナウイルス感染症の状況次第では、再び延期または中止とさせていただくことがありますのでご了承ください。 赤十字講習会は、安全第一を基本に実施してまいりますので、ご理解・ご協力をお願いいたします。 別紙「赤十字講習会における感染リスク対策」PDF版はこちらです。

more

 
2020/06/26 講習会情報

「救急法基礎講習」中止のお知らせ

新型コロナウイルス感染症の感染予防等を考慮し、下記の講習を中止といたしました。 受講を希望されていた皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。 《中止する講習》 7月31日(金) 救急法基礎講習(鹿児島県赤十字会館)

more

 
2020/06/22 講習会情報

親子で体験!「海の安全教室」中止のお知らせ

新型コロナウイルス感染症の感染予防の観点から、ご参加の方々の健康・安全面を考慮し、下記のイベントを中止することといたしました。 何卒ご理解くださいますようお願いいたします。 《中止するイベント》 令和2年度8月9日(日)親子で体験!「海の安全教室」

more

 
2021/02/25 お知らせ

【受付開始】令和3年2月福島県沖地震災害義援金の受付について

令和3年2月13日に福島県沖で発生した最大深度6強の地震により、福島県に甚大な被害が発生しました。 この災害で被災された方々を支援するため、日本赤十字社は下記のとおり義援金(義援金名称:「令和3年2月福島県沖地震災害義援金」)を受け付けます。皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたいます。 1義援金名称「令和3年2月福島県沖地震災害義援金」 2受付期間 令和3年2月24日(水)~令和3年5月31日(月) 3義援金受付口座等 【銀行振込口座】 銀 行 名:鹿児島銀行鴨池支店口座番号:普通預金 664155名 義:日本赤十字社鹿児島県支部・振込手数料:免除(鹿児島銀行窓口での取扱いに限る)・振込み通知書に「令和3年2月福島県沖地震災害義援金」と明記をお願いいたします。・受領証を希望される方は、併せて「受領証・要」と明記をお願いいたします。 ※インターネットバンキングでの義援金振り込みをご希望の方へ 日本赤十字社鹿児島県支部の義援金共通口座(鹿児島銀行 鴨池支店 普通 664155)にインターネットバンキングからお振り込みをされた方については、どちらの義援金として振り込んだかをお電話等で確認させていただくことがございます。 インターネットバンキングでのお振り込みをご希望の場合は、日本赤十字社(本社)ホームページに掲載している各災害義援金専用口座をご利用ください。 【郵便振替口座】 口座番号:00110-8-588189加入者名:日赤令和2年7月豪雨災害義援金・振込手数料:免除(ゆうちょ銀行・郵便窓口での取扱いに限る)・通信欄に「日赤令和3年2月福島県沖地震災害義援金」と明記をお願いいたします。・受領証を希望される方は、併せて「受領証・要」と明記をお願いいたします。 お問い合わせ先 日本赤十字社パートナーシップ推進部TEL03-3437-7081 4義援金設置場所 (1)鹿児島県庁行政庁舎1Fエントランスホール (2)日本赤十字社鹿児島県支部施設 ※各地区分区の赤十字の窓口でもお受けしております。 5その他 本義援金については、被災地県に設置される災害義援金配分委員会を通じて被災者へ配分されます。 その他の振込先・協力方法・義援金送金状況についてはこちらをご覧ください。 ・活動資金と義援金の違いについて ・義援金が被災された方に届くまで ・個人情報の取り扱いについて

more

 
2021/02/09 お知らせ

青少年100文字作文コンクール

鹿児島県青少年赤十字指導者協議会が、赤十字の精神である「人道・博愛」の普及を図るため、「青少年赤十字100文字作文コンクール」を行いました。 青少年赤十字加盟校の小学校・中学校・髙等学校の児童・生徒に「100文字作文」を募集し、84校7,917点の応募がありました。ご応募いただきありがとうございました。選考の結果、入選者と入選作品は下記のとおりです。 〇支部長賞 『せかいのへいわ』(三島村立三島硫黄島学園2年福迫 樹莉亜 さん) 『ぼくのまわりの赤十字』(南大隅町立神山小学校4年重久 湊仁 さん) 『献血がつなぐ命』(出水市立鶴荘学園5年髙瀬 優香 さん) 『ボランティア活動をして』(出水市立出水中学校2年中渡瀬 仁江 さん) 『私の一言で』(鹿児島情報高等学校1年谷口桃子 さん) 〇青少年赤十字指導者協議会長賞 青少年赤十字指導者協議会長賞受賞作品はこちらからご覧ください。 〇金賞 金賞受賞作品はこちらからご覧ください。 令和2年度100文字作文受賞者一覧はこちらからご覧ください。

more

 
2021/02/05 お知らせ

鹿児島市立瀬々串小学校より義援金を寄託頂きました

令和3年2月4日、鹿児島市立瀬々串小学校の5年生より、令和2年7月豪雨災害(熊本県)の義援金を寄託いただきました。 瀬々串小学校は平成元年から地域の瀬々串郵便局のご協力のもと、自分たちで育てたサツマイモを販売し、その益金を寄付する活動をしており、今回でなんと31回目になるとのこと。 今回も昨年5月よりサツマイモを育て、10月に収穫し、自分たちで芋を箱詰めし、芋を使った料理のレシピや手紙を添えて、ボランティアゆうパックで関東や関西、遠くは北海道へ送りました。 昨年7月の豪雨災害で特に被害の大きかった熊本県の被災者の方々に、義援金とその思いを今回寄託いただきました。 お預かりしました義援金の全額を、日本赤十字社熊本県支部から義援金配分委員会へ確実にお送りし、被災者の方々にお届けいたします。 5年生の代表から義援金を寄託

more

 
2021/02/04 お知らせ

令和2年度赤十字社資功労者表彰

赤十字の活動資金として多額のご協力をいただいた下記の個人また法人(団体)に対しまして、感謝の意を込めて顕彰させていただきました。 ・日本赤十字社銀色有功章個人7名法人29社 ・日本赤十字社金色有功章個人1名法人11社 ・日本赤十字社感謝状個人3名法人 5社 心からお祝いを申し上げますとともに、日頃のご支援に深く感謝申し上げます。 日本赤十字社鹿児島県支部はこれからも、災害救護活動、地域医療事業など、赤十字の人道的事業を積極的に推進し、赤十字に求められる責任と役割を果たしてまいります。 引き続き、ご支援、ご協力をお願いいたします。 ・表彰制度の詳細につきましてはこちらをご覧ください。 ※撮影時のみマスクを外しております。

more

 
2020/11/04 お知らせ

※再掲【公示】一般競争(指名競争)入札参加資格審査申請について

令和元・2・3年度の日本赤十字社鹿児島県支部の物品製造、建設工事等にかかる一般競争入札及び指名競争入札に参加する資格申請について、以下のとおり公示します。 ◎一般競争(指名競争)入札参加資格審査申請について令和元・2・3年度【PDF】 ◎一般競争(指名競争)入札参加資格審査申請書について令和元・2・3年度【EXCEL版】【PDF版】 ◎一般競争(指名競争)入札参加資格審査申請書変更届【EXCEL版】【PDF版】

more

 
2020/10/19 お知らせ

赤十字寄付金付自動販売機を新たに設置!

令和2年10月19日(月)、「鹿児島総合卸商業団地協同組合」様が自動販売機の売上金の一部を赤十字に寄付する、赤十字寄付金付自動販売機をオロシティーホール正面玄関横に1台設置していただきました。 いただいたご寄付は、災害時に使用する物資や資機材の購入、ボランティアの育成、一次救命処置(BLS)の普及活動などに活用させていただきます。 この度のご協力、誠にありがとうございました。 日本赤十字社鹿児島県支部では、自動販売機での売上の一部が赤十字への寄付となる「赤十字寄付金付自動販売機」の設置に取り組んでおります。 赤十字寄付金付自動販売機について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。 (左)鹿児島総合卸商業団地協同組合理事長小正芳史様 (右)日本赤十字社鹿児島県支部鹿児島市地区副地区長上之園彰

more

 

赤十字活動資金に協力したい
税制優遇措置について知りたい
遺贈や相続財産等を寄付したい
講習会・セミナーに参加したい
ボランティアに参加したい
青少年赤十字に参加したい
赤十字の活動を知りたい
義援金・救援金被災された方へ送金をしたい
お知らせ活動情報・講習会情報など
日本赤十字社
海と日本プロジェクト
日本赤十字九州国際看護大学
kimotito970x250